【転職編01】転職しようと思ったきっかけ

勤続15年目の平凡サラリーマンが転職!?

ここではリベ活の転職について記載したいと思います。
初回の今回は、転職しようと思ったきっかけについてです。

◆会社について
  私の会社は社員総勢2,000人ほどで創立50年という割と大きい会社です。
  同期は100人近く採用され、勤続15年が経過した今でも、正確な数字はわかりませんが、

  おそらく30~50人ほど残っていると思います。

  某メガバンクの子会社のような位置づけで、営業活動をせずとも仕事が来ます。

  真面目で依頼されたことはきっちりこなす働き方をする人が多く、
  顧客の無茶な要望を何とかこなそうと、残業や休日出勤を厭わないような方が多くいらっしゃいます。

  私がこの会社に決めた理由も、その安定性に惹かれ、、、いや、ここしか受からなかったからですw

◆そもそもの転職に対するイメージ
  同期の中で最速で退職をした方は、3か月間の研修が終わるかどうかの頃でした。
  希望の部署に配属されなかったとかだったと思いますが、「おいおい、さすがに早すぎるだろう。。」って思ったのをよく覚えています。

  次に印象に残っている退職者は、「公務員になりたいから」という理由でした。
  そこで初めて公務員の中には年齢制限がある職業もあると知り、「人それぞれやりたいことがあるんだなぁ」と感じたことを覚えています。

  転職に対しては、わりと悲観的な印象を持っていました。
   ・自社でやりたいことができないなら、他社に行ってもきっとできない
   ・意識が高く、本当に努力している人だけが転職できるし、転職するべき

   ・そもそも、また、転職活動なんてしたくないw

◆転職するきっかけ
  リベ大動画での学長のコメントでした。
  いろいろありましたが、これらのセリフに背中を押され「FIRE(早期リタイア)したいし、ちょっとやって見るか」ぐらいの
  軽い感じで転職活動を始めることになりますw

  1. 転職しないのは本人の自由だけれど、転職できないのはまずい
  2. 一社で勤め上げる時代は終わった
  3. 必ずしもスキルの高い人が高い給料をもらっているわけではない
  4. 自分のスキルに気づいていない人が多い、あなたのスキルを必要としている人がいる
  5. 転職自体はリスクだけれど、転職活動はリスクではない
  6. 仕事自体が嫌いなのではなく、今の働き方が嫌いなだけ。本来仕事は楽しいもの
  7. 投資は種銭が大きくないと効果がでない(稼ぐ力を増やす必要があり、現代の日本では転職が必須)
このブログを書いた人
チャメ太郎
チャメ太郎

◆人物
アラフォーSEのチャメ太郎です。
2歳上の姉さん女房と、3歳の息子がいます。

◆ブログを始めるきっかけ
・両学長のリベシティで副業にチャレンジしてみたいと考えたため

◆影響を受けた人
特に以下の人たちの影響を受けています。
・メンタリストDaiGoさん
・お笑い芸人キングコング西野さん ← サロンメンバーです。
・リベラルアーツ大学 両学長 ← サロンメンバーです。

◆趣味
・テニス・漫画・ゲーム・心理学・雑学

◆一言
・価値観の近い人たちとつながっていきたいと考えています。
 共通点がある人や、興味がわいた人は気軽にお声掛けください!

チャメ太郎をフォローする
転職
シェアする
チャメ太郎をフォローする
チャメ太郎の雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました