【転職編04】求人票の選定

転職エージェントに登録したら、思いのほかすぐに求人票がいっぱいきましたw
本当に会社っていっぱいあるんだなぁ、って思ったのをよく覚えています。
今回はそんな、転職初期の活動について記載します。

求人票の波に溺れるw

転職エージェントに登録して、すぐに募集が来ました。

求人票
求人票

こんにちはチャメ太郎さん!エージェントのAと申します。

あなたの要望にピッタリの新しい求人票があります。

チャメ太郎(私)
チャメ太郎(私)

おぉー。本当に求人が来たー。
お、一緒に仕事したことのあるあの会社もある♪
給料高いやつも低いやつも色々あって楽しいw

こんだけあればすぐ決まっちゃったりするんじゃない?(爆死フラグ設置♪

求人票
求人票

はじめましてチャメ太郎さん!エージェントのBと申します。
ちょっとご要望とは違うかもしれませんが、
ぜひともご紹介したい新しい求人票があります。

求人票
求人票

お世話になっております。チャメ太郎さん。
エージェントのCです。
新しい求人票があります。
気になることあれば何なりと申し付けください。

チャメ太郎(私)
チャメ太郎(私)

ちょっと待ってw こんなに来るの?
しかもエージェントさんいっぱいいすぎて誰が誰だかよくわからんw

最初に悩んだこと

嬉しい悲鳴というやつなのでしょうが、こんな洗礼があるとは思いませんでしたw
私の最初のお悩みポイントは、次の二つ。

  1. 想定していたより多く求人が来たけど、これは全部受けるべきか?絞るべきか?
  2. 会社の比較ってどこを見比べるべきなんだろう?

エージェントさんを頼るw

迷ったときは人に意見を聞いてみる「ざ・日本人」の私は早速エージェントさんに聞いてみました。
最終的には自分で判断すべきとは思いつつも、やっぱりプロの意見を聞いてみようと思いました。
だってこっちは転職に関してはど素人なんだからw

チャメ太郎(私)
チャメ太郎(私)

ちょっと思いのほか求人が来て戸惑っているんですが、
全部の会社受けたほうがいいんでしょうか?

エージェントさん
エージェントさん

私のおすすめは、「全部受ける」ですね。
レジュメ(履歴書)を使った一次選考もなかなか狭き門なので、
ご自身では狭めないほうがいいと思いますよ。
もちろん絶対に行かないところは削ってしまっていいです。

チャメ太郎(私)
チャメ太郎(私)

なるほど。では全部受けてみることにします。
幸い今はテレワークで残業禁止なので、
夜19時以降であれば比較的時間が取れそうだし、
面接自信ないから、ちょっと多めに受けておこうっとw

エージェントさん
エージェントさん

それがいいと思います。
複数受かったら、そのあと削っていけばよいと思います。

チャメ太郎(私)
チャメ太郎(私)

ちなみに求人票はどういうポイントを見ておけばいいんでしょうか?

給料・福利厚生、業務内容、勤務地なんかはなんとなく気になっていますが。

エージェントさん
エージェントさん

気になるところを中心に見てもらえれば大丈夫です。
あとはご自身で転職に何を求めるか、になってきます。
何をもって転職を成功と判断するのかを、じっくり磨いておいてくださいね。

チャメ太郎(私)
チャメ太郎(私)

むぅ。確かにその通りだが、
もう少し「こう!」って言ってもらえるとありがたいんだが?
エージェントマニュアルとかに書いてあるのかな?

黒太郎爆誕!

加工がおざなりですが、心の中に住む悪魔をイメージしていますw
どうやらエージェントさんへの不信感で生まれたようですw

実際今回のやり取りの中で得た「数多く受ける」ことは私にとってプラスになりました。
「とりあえず受けてみた」会社に就職することになるのでw

ただ、エージェントさんにも当たり外れや、自分との相性は結構あるような気がします。
そこは「上手に使ってやろう」ではなく、「自分でもきちんと考えておく」ことが重要です。

エージェントという仕組みについて

実は転職活動中に都度、電話で話を聞いてくださっているうちに、
転職エージェントに就職するのも楽しそうだな、と考えていましたw

人の良いところを見て、支援するところは本当に楽しそうでしたし、
自分のスキルもマッチしているように感じていました。

ただ、一方でエージェントさんもお仕事なので、転職してもらえないと報酬が入りません。
なので、安全・無難な道を進める傾向があり、本音を引き出すのはちょっと難しい気がします。

経験が長いエージェントさんになると、いただけるアドバイスの幅は多くなるでしょうが、
その分どうとでも言えるし、「最終的にはあなた次第です。」を全面に出してくる人もいました。

私は一社しかエージェントさんを知りませんが、会社によって色もあるようなので、
興味がある方は、転職エージェントの評判など見てみるのもよいかもしれません。

噂によると自分の担当している会社に入社してもらえればボーナスが入るので、
多少無理をしても自分の担当会社を推すということもあるようです。

噂の真偽はわかりませんが、やり取りの中で、たまに思うことはありました。
会社の仕組みの問題でもっとなんかできればいいのに、とは思っていましたが、
具体策は思いつきませんでしたw

私が求人票で見たポイント

確かにエージェントさんのおっしゃる通り、「何をもって転職を成功とするか」は、
事前にじっくり考えておいたほうが、スムーズに進むと思いますので、それはおすすめです。

給料なのか、福利厚生なのか、勤務地なのか、業務内容なのか、業務時間なのか、
現職との親和性(やったことがあることか、イメージできることか)、昇給スピード、昇給額、離職率などいろいろなことが求人票から読み取れると思います。

私は事前に、あまり深堀りせずに転職活動を始めてしまったので、
やっていく中で方向転換していきました。
今となっては思い出補正もかかっているかもしれませんが、私が求人票で見たのは、次のような点です。

  1. 給料    ← 現職から下げたくなかった。
  2. 業務内容  ← 現職と似通ったものにしたかった。
  3. 雰囲気   ← 親しみを感じる表現があるか?(曖昧w
このブログを書いた人
チャメ太郎
チャメ太郎

◆人物
アラフォーSEのチャメ太郎です。
2歳上の姉さん女房と、3歳の息子がいます。

◆ブログを始めるきっかけ
・両学長のリベシティで副業にチャレンジしてみたいと考えたため

◆影響を受けた人
特に以下の人たちの影響を受けています。
・メンタリストDaiGoさん
・お笑い芸人キングコング西野さん ← サロンメンバーです。
・リベラルアーツ大学 両学長 ← サロンメンバーです。

◆趣味
・テニス・漫画・ゲーム・心理学・雑学

◆一言
・価値観の近い人たちとつながっていきたいと考えています。
 共通点がある人や、興味がわいた人は気軽にお声掛けください!

チャメ太郎をフォローする
転職
シェアする
チャメ太郎をフォローする
チャメ太郎の雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました