おばあちゃんのいい話

どうもアラフォーSEのチャメ太郎です。

今日は昔母から聞いたおばあちゃんの話です。
短めに終えたいと思います。

お見合い結婚

私の両親はお見合い結婚で年齢が9つ離れています。父が上で母が下です。父の弟のほうが先に結婚が決まったらしく、お兄ちゃんも何とかせねばとせかされたとか、そんな話を聞いたことがあります。

しかし、なんでこういう話ってよく覚えているんですかね。一人暮らししてから実家に帰るとなんか昔話をよくする気がします。私の母も実家に帰った時に「あの時はこうだった」話をよくします。(しかもほとんど同じ話w)

教育ママで世間体を重視していた?父の母

私の母から聞いた父の母の話ですが、教育ママをしていたようで、自宅から徒歩1分のところに小学校があるにも関わらず、お受験をして、小学生のうちから電車通学していたとのこと。「あの頃の私はどうかしていた」「父にはかわいそうなことをした」とのちに振り返ったそうですが、いわゆる教育ママだったようです。

今よりはご近所づきあいも密だったと思うので、世間体が今より強く意識されていた時代かもしれません。

私が高校性の頃に他界しましたが、とにかく優しくててんぷらの上手な人でした。

外車を乗り回すぶっとんだ母の母

母の母は結構ぶっとんだ人でした。こちらは85歳でまだ存命ですが、幼児期の私(孫)を股に挟んで原付を乗り回したり、外車を乗り回したり、お山の大将のような人です。当時は女性で運転したり、仕事をしたりしていた人が今より少なかったので、チャレンジングで勝気な性格だったのかもしれません。

孫(私)が生まれてすっかり丸くなったようですが、当時は結構激しかったと母はこぼしていますw

母の母のひとこと

私の母は割と背が高く、おそらくコンプレックスもあって、背の高い人と結婚したかったようです。お見合いの中で話は弾んだようですが、身長は父のほうがだいぶ低く、母からするといまいちだったようです。

お見合いの席の途中で、祖母が母に向かっていったそうです。
「身長だけがすべてじゃないし、あなただって太っているといわれたらいやでしょう。」
母はその通りだと納得してお見合いにOKの返事をしたといっていました。

この話の好きなところ

「相手の嫌なところに注目しても意味がない」という考え方や、「誰にだって短所があるけどそれ以外に目を向けようとか」考えます。

「そんな考え方をしたほうが優しいな」っていう気持ちが強いのですが、こんなやり取りがあったおかげで私もこの世に生まれ出てこれたわけで、祖母には感謝していますw

このブログを書いた人
チャメ太郎
チャメ太郎

◆人物
アラフォーSEのチャメ太郎です。
2歳上の姉さん女房と、3歳の息子がいます。

◆ブログを始めるきっかけ
・両学長のリベシティで副業にチャレンジしてみたいと考えたため

◆影響を受けた人
特に以下の人たちの影響を受けています。
・メンタリストDaiGoさん
・お笑い芸人キングコング西野さん ← サロンメンバーです。
・リベラルアーツ大学 両学長 ← サロンメンバーです。

◆趣味
・テニス・漫画・ゲーム・心理学・雑学

◆一言
・価値観の近い人たちとつながっていきたいと考えています。
 共通点がある人や、興味がわいた人は気軽にお声掛けください!

チャメ太郎をフォローする
人生
シェアする
チャメ太郎をフォローする
チャメ太郎の雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました